日商簿記

簿記は、企業の経営活動を記録・計算・整理して、経営成績と財政状態を明らかにする技能です。

企業の活動を適切、かつ正確に情報公開するとともに、経営管理能力を身につけるために、簿記は必須の知識です。

1級

極めて高度な商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算を修得し、会計基準や会社法、財務諸表等規則などの企業会計に関する法規を踏まえて、経営管理や経営分析を行うために求められるレベル。
合格すると税理士試験の受験資格が得られる。公認会計士、税理士などの国家資格への登竜門。

2級

経営管理に役立つ知識として、企業から最も求められる資格の一つ。
高度な商業簿記・工業簿記(原価計算を含む)を修得し、財務諸表の数字から経営内容を把握できるなど、企業活動や会計実務を踏まえ適切な処理や分析を行うために求められるレベル。

3級

業種・職種にかかわらずビジネスパーソンが身に付けておくべき「必須の基本知識」として、多くの企業から評価される資格。
基本的な商業簿記を修得し、小規模企業における企業活動や会計実務を踏まえ、経理関連書類の適切な処理を行うために求められるレベル。

簿記初級
業種・職種にかかわらずビジネスパーソンが日常業務をこなすための基礎知識。 簿記の基本用語や複式簿記の仕組みを理解し、業務に利活用することができる。
原価計算初級
業種・職種にかかわらずビジネスパーソンが事業の収益性を把握するための基礎知識。 原価計算の基本用語や原価と利益の関係を分析・理解し、業務に利活用することができる。

試験科目詳細

 試験科目試験時間合格基準
1級商業簿記
会計学
90分(前半)70点以上
ただし、1科目ごとの
得点は40%以上
工業簿記
原価計算
90分(後半)
途中休憩あり
2級商業簿記
工業簿記
(原価計算を含む)
・5題以内
120分70点以上
3級商業簿記
・5題以内
120分70点以上
簿記初級商業簿記
・4題以内
40分70点以上
原価計算初級原価計算
・4題以内
40分70点以上

※簿記初級・原価計算初級はネット試験です。詳しくはネット試験をご覧ください。

日程

試験日申し込み受付期間合格発表
第152回
2019年 6月 9日(日)
4月 8日(月) ~ 5月17日(金)6月24日(月)
1級のみ7月29日(月)
第153回
2019年11月17日(日)
10月 1日(火) ~ 10月25日(金)12月2日(月)
1級のみ1月6日(月)
第154回
2020年 2月23日(日)
※2・3級のみの施行です
12月16日(月) ~ 1月24日(金)3月 9日(月)

受験料(税込)

1級

7,850円

2級

4,720円

3級

2,850円

簿記初級

2,200円

原価計算初級

2,200円

お申し込みに関する注意事項

《窓口》

申込書に記入の上、受験料を添えてお申し込みください。申込書は窓口にもございます。
申込書をダウンロードして利用する場合は、「申込書」と「受験者への連絡・注意事項」の2枚で1セットとなっております。それぞれA4用紙にプリントアウトしてご利用頂きますようお願いいたします。
 なお、「受験者への連絡・注意事項」につきましては、必ず受験前にご一読頂きますよう重ねましてお願い申し上げます。
 ◎窓口営業時間について
  平日の8:30~17:30(土曜・日曜・祝祭日は受付業務を休ませていただきます。)

《インターネット》
必要事項を入力の上、受験料はクレジットカードでの決済もしくはコンビニ払いで納入いただきます。
手続き終了後、確認メールが届かない場合は、検定担当までお問合せください。

受験票は後日郵送いたします。

※電話・FAXによる申込、受付期間終了後の申込は一切お受けできません

次の検定試験は

11月17日(日)

受付期間:10月1日〜10月25日









PAGE TOP ↑